歴史と変化で知るお歳暮のマナー

subpage1

年の暮れの意味を持つお歳暮は、12月を表す季語でもあって、今では年末の贈り物を指す言葉です。

お歳暮の情報探しはそれほど難しくありません。

お歳暮は、中国から輸入された、季節ごとのお祭りのお供え物がルーツで、日本に定着してからは独自に進化しました。かつては宗教的な意味合いが強かったものの、江戸時代以降は一般庶民にも浸透し、現在のような形になったのは明治以降といわれています。

元々は、神様へのお供え物が由来ですから、贈り物はおめでたい意味を持つ物であったり、年末年始に必要な餅や鮭などが一般的でした。


現在のお歳暮は、贈答用のギフト用品を始めとして、ちょっと贅沢なグルメメニューや、贈られた人が用途を選べる商品券も主流です。


おめでたい品物ではなく、貰って嬉しい物を基準に商品が提案されたり、消費者自身も選ぶようになっているといえるでしょう。



お歳暮のマナーもまた、時代と共に変化しつつありますが、基本的には12月の20日までに贈るのが常識とされます。

しかし、早く贈る分には受け取る人にとっても好都合なので、12月の10日頃が贈り始めの目安だったものが、現在は12月の上旬や11月の下旬からと早くなっています。


身近な人に贈る風習なので、最初は直接相手宅に訪問して手渡すのがマナーでしたが、暮らしが多様化した現代では宅配便も活用されます。

店頭で購入した物を、そのまま宅配で相手に届けてもらう方法も珍しくありませんから、お歳暮の在り方は大きく変わったと考えられます。


手渡しではなく、相手に宅配で贈り物をする場合は、包装紙で包み熨斗とメッセージを付けるのもマナーですが、送る側の名前や住所を明確に表記することも大切です。送り主が分からないと、受け取った人は困惑してしまうので、必ず誰が送ったか明記することは、現代における重要なマナーの一つとなっています。



お歳暮について思うこと

subpage2

歳暮とは年の暮を意味する季語ですが、日本ではお世話になった人々に対し、感謝の気持ちを伝えるために贈り物をする習慣として認知されています。この時の贈答品のことをお歳暮というようになりました。...

next

お歳暮の秘訣

subpage3

歳暮という言葉は、年末の意味を表す言葉でした。期限は、日本古来の御魂祭りで、1年間お世話になった人に、お供え物を送り届けていました。...

next

お歳暮の秘密

subpage4

毎年年末にお世話になった方々にお歳暮を贈る時には、次のようなお歳暮に関する基本知識を理解して適切な方法で贈るようにすることがおすすめです。そもそもお歳暮とは、古くからお正月に先祖の霊を迎えるために行われていた「御霊祭り」でのお供え物を親族に送り届けるという風習が起源だとされています。...

next

お歳暮の知識を増やす

subpage5

お歳暮という日ごろお世話になっている職場の上司などに贈ることが大半です。家族間同士でお歳暮の贈り物をすることはあまりありません。...

next